トップ> 紫友会について > 沿革

沿革

紫友会沿革

昭和18年 日本大学農学部(農学科・農業経済学科)、同予科、藤沢に設置(5月)

昭和20年 日本大学農学部農学科農産学専攻(のちに農産製造学専攻)設置(4月)

昭和23年 農学科農産学専攻(のちの農産製造学専攻)1期生卒業(3月)農学部校友会発足

昭和24年 新学制による日本大学農学部発足(2月)

昭和26年 旧制農学部4期生、新制農学部1期生同時卒業(3月)

昭和27年 農学部に獣医学科増設、学部名を農獣医学部に改称

昭和29年 農学科農産製造学専攻の卒業生の校友会として紫友会設立(10月)

昭和30年 農産製造学専攻が藤沢校舎から東京校舎へ移転(6月)

昭和33年 農産製造学専攻を廃し日本大学農獣医学部農芸化学科設置(4月)

昭和36年 農学科農産製造学専攻、最終学年卒業(3月)

昭和37年 農芸化学科1期生卒業(3月)

平成 8年 学部名称を生物資源科学部に改称(4月)

平成12年 農芸化学科が東京校舎から湘南校舎(藤沢)に移転(4月)

平成16年 紫友会創設50周年記念祝賀会開催(10月)

平成21年 学科名称を農芸化学科から生命化学科に名称変更(4月)

平成25年 生命化学科1期生卒業(3月)

関連リンク